KEVIN McHUGH PRESS KIT

01. PROFILE

Kevin McHugh (b.1982) is an American jazz pianist and accordionist from Seattle, USA. He studied jazz piano and German language at Oberlin College and Conservatory, the oldest music school in the United States, as well as in Germany at the Technische Universität Berlin. In 2006, Kevin won a year-long Watson Fellowship and used this large grant to study improvisation in 5 countries. From 2007 - 2009 Kevin lived in New York City and San Francisco, but spent considerable time touring the US and Europe with the the cubist-pop band "Capillary Action", as well as the Tony award winning theater group The San Francisco Mime Troupe. In 2011 he was chosen to compose music for theater and film projects supporting the Tohoku earthquake survivors, thanks to a grant from the Japan Foundation. He is a recent recipient of a 2015 Seattle 4Culture award to lead a collaborative project between Japanese and US musicians.

Kevin is an 8 year resident of Tokyo, and continues his involvement in diverse musical styles. A jazz pianist by profession, he has played in most major jazz clubs and hotels in Tokyo. He also plays accordion, improvised theater, classical music and rock. He has performed on NHK "Songs" and recorded as a leader, composer and arranger for many groups and record labels, including CASIO and S2S Japan.

ケビン マキュー

1982年アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。ピアニスト・アコーディオン奏者。アメリカ合衆国で最も古い歴史をもつ音楽学校、オバーリン音楽院でジャズピアノとドイツ語を専攻し、DAAD奨学生としてベルリン工科大学で音楽とデザインを学ぶ。2006年にはトマス・J・ワトソン研究奨学金を獲得し、一年間に渡ってブラジル・エジプト・インド・中国・日本の大都市における即興音楽シーンを研究する。2007年から2009年にかけてはニューヨークおよびサンフランシスコを拠点としながら、ジョン・フェファー主宰のバンドCapillary Actionや、トニー賞受賞の劇団The San Francisco Mime Troupeと共にアメリカ・ヨーロッパ各地でツアーを行う。

現在は世界各地を飛び回りながら即興音楽を中心として精力的に活動しており、30近くの国での演奏実績をもつ。ベルリンを拠点とする音楽集団North American Tonal Organizationや、東京を拠点とする即興実験学校(インプロ・ラボ)の立ち上げメンバーでもある。2012年には、国際交流基金からの助成を受け、東日本大震災復興支援のための演劇および短編映画作品に楽曲を提供した。また、最近では、日米の音楽家を結びつけるプロジェクトSeattle Meets Tokyo: Modern Jazz Connectionsの主宰者として、2015年のSeattle 4Culture賞を受賞している。

02. MP3s

03. Photos

04. Videos